品質の高い多言語翻訳を行うために

  1. トップ>
  2. 品質の高い多言語翻訳を行うために

翻訳を依頼される皆様に知っておいてほしいこと

マニュアルや取扱説明書、あるいはビジネス文書などの翻訳品質は、そのまま会社への信頼に跳ね返ってきます。少しずつ積み上げてきた信頼も、「質の悪い翻訳文書」によって失うのは一瞬です。会社の信頼を高め、ビジネスチャンスを掴むために必要な翻訳とは、どのようなものなのでしょうか? こちらのページで、「多言語翻訳のキモ」についてのポイントをご説明します。

多言語翻訳のキモ1 起点となる「英訳」の品質を追求する

多言語翻訳の多くは、日本語から多言語に直接翻訳できる翻訳者が少ないため、英語を介して行われます。そのため、英語の時点で誤訳があると、その他の言語で同時多発的に誤訳が発生してしまいます。また、英語の翻訳の品質が悪く意味やニュアンスなどがブレていれば、その他の言語ではそのブレがより大きくなってしまうかもしれません。

すなわち、一番始めの「日本語→英語」の翻訳こそ、「翻訳業務のキモ」と言えるのです。

日本語をマスターしているネイティブによる翻訳がベスト

日本語から英語に翻訳する際、多くの翻訳会社ではまず日本人翻訳者が英訳を行います。これは日本人でないと日本語の原稿を理解しにくいことが多いためです。その後、英訳された文章を英語ネイティブの翻訳者(あるいは校正者)がチェックし、納品します。

この翻訳手法には、「チェック担当のネイティブが元の日本語原稿の内容を理解していない」という欠点があります。日本人翻訳者が誤訳してしまった場合でも、ネイティブチェッカーはそれが英文として間違っていなければ、訂正できず見過ごしてしまう可能性があるのです。

この問題を解決するため、PAGE + TECHでは経験豊富なネイティブ翻訳者による直接英訳を行っています。日本在住歴が長く、日本語をほぼ完璧に理解しているネイティブ翻訳者を通すことで、文法上の間違いなどもなく精度の高い、正確な英訳が実現できます。

この完璧な英訳があってこそ、多言語翻訳の品質を高めることが可能なのです。※中国語に関しては、PAGE + TECHでは日本語から直接翻訳しております

英訳についての比較

  翻訳工程 チェック
一般的な
翻訳会社
日本人翻訳者が英訳。
文法ミス・誤訳・ニュアンスのブレなどのリスクあり。
×翻訳された文章をネイティブがチェック。
日本語の原文を知らないため、誤訳を見逃すリスクあり。
×第二チェック。前段階のチェックと同様、誤訳を見逃すリスクあり。
PAGE
+
TECH
日本語をマスターしているネイティブ翻訳者が英訳。文法ミスのリスクはなく、誤訳やニュアンスのブレも発生しにくい。また、チェックもネイティブ翻訳者自身が行うため、原文に基づいたチェックができる。 第二チェック。翻訳工程の時点で高品質なものになっているが、このチェックでより品質が向上する。

多言語翻訳のキモ2 現地在住のネイティブ翻訳者による翻訳

翻訳会社は、「日本国内の翻訳者に委託している翻訳会社」と、「海外(現地)の翻訳者に委託している翻訳会社」に大別されます。

「顔が見える」「日本語が通じる」という安心感から、多くの翻訳会社は前者、「日本国内の翻訳者」に頼っているようです。確かに日本国内の翻訳者には「依頼しやすい」というメリットがありますが、その一方でデメリットも存在しています。

国内在住翻訳者のデメリット

国内に在住している翻訳者のデメリットは、まず「料金が高めになる」ということです。日本の物価で生活しているため、翻訳料金もそれに即したものになります。

また、「言語によっては翻訳者が不足している」というのもデメリットになります。マイナー言語で翻訳者の数が限られているだけでなく、メジャーな言語でも品質を追求すると依頼先は限られます。そのため、「依頼が詰まっている」という状態になりやすく、納期が長くなりがちです。

加えて、翻訳者の数が限られるということは、それぞれの得意分野も限られているということになります。医療や工学、法律など、多岐にわたるジャンルにまんべんなく対応できる翻訳者は皆無なため、品質面にも不安があります。場合によってはネイティブの翻訳者がおらず、日本人翻訳者の翻訳のみで済ませてしまうケースもあるのです。

海外のプロフェッショナル翻訳者のメリット

一方、海外の翻訳者を使う場合、「顔が見えない」「距離が離れている」といった依頼のしにくさがあります。しかし、堅固な取引ネットワークを構築し、また長年取引している信頼と実績があれば、海外のネイティブ翻訳者を使うメリットは計り知れません。

ポイントは、英訳と起点とすることです。日本語から英語への翻訳さえ済ませてしませば、英語から各国言語への翻訳が行えるネイティブ翻訳者は膨大に存在しています。医療や工学、法律など各分野に精通したプロフェッショナルも数多く存在していますから、高い専門性を確保できます。

また、翻訳料金も現地価格となり、日本で翻訳を行うよりも安価になることがほとんどです。そして稼働人数が多いので「依頼の渋滞」が起きづらく、納期も短くすることができます。大規模案件も問題なく対応可能というわけです。

  委託先 キャパシティ 専門性 料金 チェック
一般的な
翻訳会社
 日本国内の翻訳者に委託 言語によってはかなり限られる ×限られた翻訳者が専門外も翻訳 日本の物価に準拠した料金 場合によってはネイティブでない翻訳者が翻訳することもある
PAGE
+
TECH
現地のネイティブかつプロの翻訳者に委託 ほぼ制限なく受注できるほど潤沢 それぞれの分野のプロが翻訳 現地の物価に準拠した料金 その言語の翻訳者のみが翻訳
PAGE + TECHには世界規模の翻訳者ネットワークがあります

PAGE + TECHでは、こういった海外翻訳者のメリットに着目し、世界各国のプロフェッショナル翻訳者とワールドワイドなネットワークを構築。
「現地(その国)」で、「その言語のネイティブ翻訳者」が翻訳することを鉄則としています。
その品質は国内大手企業との数十年の取引実績が証明済み。
ぜひ、PAGE + TECHの翻訳を一度お試しいただければと思います。

依頼前に当社のクオリティを確認してください! 無料 トライアル翻訳

PAGE+TECHの翻訳事例

多言語対応・高クオリティ翻訳・DTP関連なら PAGE + TECHで!

まずはお気軽にご相談から 03-3777-1801 営業時間 9:00~18:00  土日祝休
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOP